シミ肌改善ナビ

産後の顔のシミが気になる!それは肝斑かもしれません

産後、顔にシミが増えるシミ肝斑とは

 

「妊娠中はホルモンバランスの関係でシミが増えるんだって〜」「出産後は放っておいてもシミは次第に消えてなくなるらしいよ〜」

 

こんな話がプレママ同士の間でよく話題に上がったりしますが、実際には、「妊娠中にはシミはそんなに気にならなかったのに、赤ちゃん産んだ後にシミが増えたんだけど!」とか、「確かに妊娠したらシミが出てきた。でも、産後何か月も経つのにシミが一向に減らないんだけど!」、という声も多いもの。

 

妊娠中や出産後は、肝斑と呼ばれるシミが現れることが多いです。

 

肝斑とは、女性ホルモン(プロゲステロン)が、顔を茶色く色素沈着させるメラニン色素を生成するメラノサイトを刺激し続けることで出てきます。

 

メラノサイトが活性化してどんどんメラニン色素を作り出し、それが顔の頬骨に沿った場所や、目尻の下あたりに左右対称にボヤ〜ッと広がって沈着します。

 

一般的にシミは生まれてから浴び続けてきた紫外線の影響で出てくるものが大半ですが、肝斑の場合は、直接的な原因はプロゲステロンが分泌され続けることにあります。

 

プロゲステロンは赤ちゃんを健やかにママのお腹の中で育つように、赤ちゃんにとって居心地の良い場所にするために、出産するまで出続ける女性ホルモンです。

 

この為、妊娠中は肝斑が出来やすい状況にあるというわけです。そして、無事に出産を終えたらプロゲステロンの分泌量は一気に減少するので、メラノサイトの活性化も落ち着きを取り戻し、メラニン色素の量も減ります。

 

ということは、出産後には肝斑はできないというロジックが当てはまりそうですが、妊娠中にはできなかったのに、産後にシミが急に増えたという話もよく耳にします。

 

 

産後にシミが増える原因

 

肝斑がプロゲステロンの分泌量と関係しているのなら、なぜ出産後のプロゲステロンの量が大幅に減少した時に肝斑が出来るのでしょうか。

 

その原因は以下の3つです。

 

 

エストロゲンの減少

 

妊娠するとプロゲステロンが増えるだけでなく、エストロゲンも増えます。エストロゲンが女性らしくあるために働きかけるホルモンなので、美肌の為にも作用しています。

 

妊娠中はプロゲステロンが増えることで、メラニン色素がたくさん作られますが、同時にエストロゲンも増えているので、シミを作らせないように頑張ってくれています。

 

そして、出産後はエストロゲンもプロゲステロンも急激に分泌量が減少します。プロゲステロンが減少すればメラニン色素の生成量は減るのですが、同時にエストロゲンも減るので美肌のための作用が低下します。

 

その結果、妊娠中は出なかったのに産後にシミが出始めるということになります。

 

 

ビタミンCの不足

 

出産後、母乳育児をしている方の場合、赤ちゃんにしっかり栄養を与えるために、お母さんの体にある栄養(カルシウム・鉄分・ビタミン・ミネラルなど)を母乳を通してあげています。

 

特に、ビタミンCは抗酸化作用で紫外線の害から肌を守ろうとする働きがあり、シミを予防するという点においては重要な栄養素です。

 

授乳でお母さんの体内にあるビタミンCを赤ちゃんに渡す分、積極的にビタミンCを摂取してせっせと補充しないと、シミを予防するために必要なビタミンCが不足してしまいます。

 

その結果、産後にシミが急に出始めたということになります。

 

 

睡眠不足

 

生後1〜2か月の間は、夜中の授乳や夜泣きで夜も満足に寝させてもらえません。寝たと思っても、1〜2時間の睡眠でまた泣いて起きたりと、まとまった睡眠が取れません。

 

肌は就寝してから3時間経過してから、成長ホルモンが分泌されて新しい肌となる細胞分裂が行われます。その為、3時間も経たないうちに夜泣きで起きたりしていると、成長ホルモンが分泌される時間がなくなり、新しい肌への生まれ変わりのサイクルも長くなっていきます。

 

傷付いた古い皮膚がいつまでも残り、なかなか新しい皮膚に生まれ変わらない。その結果、産後にシミが出来やすくなってしまうということになります。

 

また、睡眠不足はホルモンバランスを乱す原因にもなる為、出産後はそれでなくても今まで通りのホルモンバランスに戻すのに時間がかかってしまうのに、それに拍車をかけることになってしまいます。

 

 

産後にできるシミは肝斑だけではない

 

今までは、産後に出来るシミは女性ホルモンが関係する肝斑であるという前提でお話してきましたが、産後に出来るシミは肝斑だけではありません。

 

日常的に浴びてきた紫外線の影響で出るシミ(老人性色素斑)や、皮膚のこすりすぎなど摩擦などによって出来るシミ(炎症性色素沈着)などがあります。

 

シミが出来る原因が違うということは、その対処法も違ってきます。

 

シミをきちんと皮膚科で治療する場合、出来始めのうっすら薄い色の老人性色素斑のシミは美白化粧品で消すことができ、色が濃く輪郭もハッキリしているシミはレーザーで治療します。

 

炎症性色素斑の場合も、シミの出始めの頃は美白化粧品で消すことができ、ピーリングやビタミンCイオン導入も効果があります。しかし、レーザー治療は基本的に効きません。

 

そして、肝斑の治療は、トラネキサム酸という内服薬の服用と、ハイドロキノンという外用薬の併用が一般的です。そして、炎症性色素斑と同様で、レーザー治療は不向きなシミです。

 

肝斑があるところに老人性色素斑も重なって存在し、目立つ老人性色素斑の陰に肝斑が隠れていた場合、それに気付かずにレーザー治療で老人性色素斑を消したところ、肝斑にとっては悪影響で濃い肝斑が残ってしまったということもあります。

 

このようにシミにはいろいろな種類があり、単独で存在するもの、混合で存在するものとがあるので、正しくシミを消すためには、肝斑なのか、他のシミは混在していないのかを、皮膚科できちんと診断してもらうことが大切です。

 

 

卒乳まで待てなない!肝斑を薄くする方法

 

肝斑のシミを消すには、トラネキサム酸がとても有効だと言われています。トラネキサム酸は、メラニン色素を産み出すメラノサイトの働きをセーブする働きがあります。メラニン色素を作り出す前の段階でストップをかけるので、シミの予防には最適な薬です。

 

でも、気になるのが授乳中にその薬を服用した場合、母乳を通して赤ちゃんに影響が及ばないのかという点。

 

トラネキサム酸は妊婦や授乳中でも服用しても問題がないとされている薬なので、その旨を医師に相談した上で処方されたのなら安心して服用してもOKです。

 

すなわち、医師が処方したトラネキサム酸ならというお話。

 

テレビCMでも放送されてますが、トラネキサム酸配合のトランシーノUというお薬が市販で購入できます。「そのシミ、もしかしたら肝斑かも」というキャッチフレーズでお馴染みなので聞いたことがある方もいると思います。

 

トランシーノUの使用上の注意を見ると、授乳中の人は医師又は薬剤師に相談のことを注意書きがあります。血中濃度がピークの場合、1/100が乳汁に移行することが知られているが、その量からすると乳児に影響は少ないと考えられる。ただし、服用が長期に及んだ場合の乳児への影響がないというデータが存在しないため、注意が必要との記載があります。

 

なので、肝斑にはトラネキサム酸がよく効くと言われていても、自己判断で授乳中に市販薬に手を出すのはリスクを伴うように感じます。

 

また、仮に医師が飲んでも大丈夫だと判断しても、自分の気持ち的に積極的に飲みたくない。でも、顔に広がるシミを一刻も早くどうにかしたい・・・。卒乳まで治療開始をただ待つなんて・・・。

 

という方は、卒乳までの間に安心して出来る対策はこれです。

 

ビタミンCの摂取

 

ビタミンCを多く含む物を積極的に食べたり、サプリメントで補いましょう。ビタミンCは紫外線によって体内に発生する活性酸素を抑制する働きがあるので、紫外線による影響で新しいシミが出来るのを予防したり、今あるシミを濃くするのを阻止する働きをしてくれます。

 

また、授乳中の場合、母乳の出をよくするためにもビタミンCは必要な栄養素なので、積極的に取りたい栄養素の一つですね。

 

美白化粧品の使用

 

ビタミンCを摂取して体の内側からシミに働きかけると同時に、美白化粧品で体の外側からシミを薄くしましょう。

 

【メラニンが出来るのをブロックする美白成分】
・アルブチン
・コウジ酸
・エラグ酸
・トラネキサム酸

 

【メラニンが出来るのをブロックする&メラニンを薄くする美白成分】
・ビタミンC誘導体
・ハイドロキノン
・油溶性甘草エキス

 

これらの美白成分の中で、肝斑に特にお勧めのなのが、トラネキサム酸とハイドロキノンです。

 

シミは紫外線などの刺激を受けた時に肌を老化させる活性酸素が活発化し、メラノサイト細胞に「メラニン色素を作れ!」と指示を出します。アルブチンやビタミンC誘導体などの美白成分は、メラノサイト細胞に「メラニン色素を作らないよう」働きかけますが、トラネキサム酸は、もう一つ手前の「活性酸素がメラノサイト細胞に指示を出す」ところで作用します。

 

より一歩前の段階で抑制効果を発揮するので、シミ予防効果も高いと言えます。

 

ハイドロキノンは、アルブチンやビタミンC誘導体と同じで、メラノサイト細胞に働きかけをしますが、その抑制力が比べ物にならない程高く、また、出来てしまったシミを薄くする効果も、美白成分の中で最も高い高いのが特徴です。

 

ただし、注意して欲しいのが1点。それはハイドロキノンの含有濃度です。

 

皮膚科で処方されるものは約4〜5%のものが多く、市販の物は2%までと決められています。たった4〜5%?と思われるかもしれませんが、非常に効果の高い成分なので肌への刺激も強いデメリットがあります。その為、皮膚科で処方された場合は、医師の指導の元正しく使う必要があり、定期的な経過観察も求められます。そして濃度が高いということは、長期に使用した場合、経皮からの母乳への影響も捨てきれません。

 

では、授乳中はハイドロキノン含有の美白剤は使えないのでしょうか?

 

大丈夫です。
ハイドロキノン含有2%という低濃度で、ドクターが監修したドクターズコスメなら安心して使えます。ハイドロキノンは保管条件など様々な条件で酸化しやすく、質が変化してしまいます。ドクターズコスメのハイドロキノンは、変質しにくい安定した状態で化粧品に含有することができる新型ハイドロキノンを使用しているので、妊婦でも授乳中でも安心して使うことができます。

 

授乳中は母乳に悪影響を及ぼさないよう、ビタミンCの摂取とトラネキサム酸やハイドロキノンの美白化粧品の使用で乗り切りましょう。

 

 

忙しくてもシミ対策は忘れずに

 

育児中はとにかく大変です。月齢が低ければ低いほど睡眠は取りにくく、慢性的な睡眠不足やストレスも溜まりがちになります。

 

また、赤ちゃんのお世話で手いっぱいで、なかなか自分の肌の手入れにまで気が回らなかったり、時間が惜しくて手を抜きがちになります。

 

それでも、是非日焼け止めを塗るなどのUV対策だけは忘れないようにしましょう。肝斑はホルモンバランスが落ち着けば、放置していても消えることがありますが、老人性色素斑のような紫外線の蓄積で出てくるシミは、放置してしまうと色が定着して消えにくくなります。

 

今手を抜くことで、数年後にシミが消えないと悩むことになるかもしれません。そうならない為にも、是非とも日頃からのUV対策だけは怠らないようにしましょう。