シミ肌改善ナビ

老人性色素斑は無防備な過去の日焼けの蓄積が原因!

若い時に日焼け対策をサボると、早くから老人性シミが出る!

 

10代後半や20代前半までは特に日頃のスキンケアに気を配っていなくても、皮膚細胞の若さでカバーできてしまうため、つい油断してしまいがち。

 

でも、この油断が肌には大敵なんです。

 

少々日に焼けても、すぐに元に戻るから大丈夫と過信して、十分な日焼け対策をせずに長時間日に当たって日焼けをしたりを繰り返していると、その時は特に問題がなくても、必ず5年後10年後に老人性シミ(老人性色素斑)が現れます。

 

気付けば、目尻の辺りや頬骨の辺り・手の甲などよく日に当たる部分に薄い影ができ、それがだんだんと濃くなって大きくなっていく・・・。

 

シミの中で一番多く見られるのがこのタイプで、普通は30代後半から40代にかけてチラホラとシミの症状が現れるのですが、
若い時に日焼けをガンガンしてしまった場合は、20代という若さでも老人性シミが出来ることがあります。

 

このシミ、とにかく顔の頬辺りに出来ると目立ちます。人と目を見て話すと、目の近くにシミがあるので必ず目に入ります。そして、印象も老けた感じを与えてしまうので、できるだけシミは作らないでおきたいところです。

 

 

なぜ日焼け対策をサボると老人性色素斑ができるの?

 

シミを作らないためには、日頃の日焼け対策がとても重要です。でも、なぜ日焼け対策をサボるとシミが出来てしまうのでしょうか。

 

肌を日焼けさせてしまうのは紫外線です。紫外線は肌に色々な害を与えてしまうので、それから肌を防御する為に活性酸素が発生します。活性酸素は様々な害をやっつけるために私たちの体には必要な存在。しかし、害をやっつけるだけあって、その殺菌力はかなり強烈。

 

ガンガン紫外線を浴びて日に当たれば当たるだけ、紫外線による肌の損傷を守るため、ドンドン防衛軍である活性酸素が増えていき、紫外線の害を撃退するだけにとどまらず、強烈な殺菌力で健康な皮膚細胞までをも攻撃してしまうのです。

 

すると、その攻撃から身を守るためにメラノサイト細胞が活性化して、肌を黒くするメラニン色素が作られます。日焼けをすればするほど、紫外線から肌をガードするためにメラニン色素が多量に生産されます。

 

日焼けをすると肌が真っ黒になるのは、紫外線の害から身を守るために作り出されたメラニン色素が多くなりすぎた結果です。

 

本来であれば、肌の新陳代謝で新しい皮膚細胞がどんどん誕生するので、メラニン色素で黒ずんだ皮膚と新しい皮膚が入れ替わり、肌の色も黒から地の色に戻るわけです。ところが、加齢などの原因で皮膚の生まれ変わり機能(ターンオーバー)が衰えると、いつまでもメラニン色素が残ってしまうことになり、これがシミとなって現れるのです。

 

 

老人性色素斑を予防するための対策

 

何年もかけて肌表面に出てくるシミ。一旦表に出てきたものを消すには根気と時間がかかります。

 

「出来たシミをどのように消そうか」と考えるよりも、「シミをいかに作らないようにするか」を考えて毎日のケアをすることが、仮にシミが出来てしまったとしても、シミが浅い場所にあるうちに消すことができます。

 

そこで、老人性色素斑を防ぐために大切なのが、日焼け対策です。紫外線の力は想像しているよりよりも強力で、たった5分間外に出ただけでも紫外線の害を結構受けてしまいます。

 

洗濯物をベランダで干しているわずかな時間、すぐ近くのお店までの買い物、短時間の車の運転。そのぐらいならと、日焼け対策をついつい疎かにしてしまう。この積み重ねで、ジワジワと年数をかけてシミが肌表面に現れることになります。

 

したがって、常日頃から化粧をする時に、しっかりUV対策用の下地を塗り、UV対策用のファンデーションを塗るなど、紫外線対策を季節問わずにすることが必要です。

 

勿論、最初から屋外にいる時間が長いと分かっている時などは、しっかりと日焼け止めクリームを時間をおいて塗りなおすなど、入念にケアをしなければいけません。

 

屋外にいる時間が長いにも関わらず、中途半端な日焼け対策で日焼けを何度も繰り返してしまうと、冒頭で説明したように、本来なら40歳頃から悩み始めるシミなのに、20代という若い年代からシミに悩まされることになります。

 

そうならない為にも、日頃から日焼け対策を忘れないようにしましょう。

 

 

確実にシミを消すならレーザー治療がおすすめ

 

出来たシミを確実に消すには、皮膚科でレーザー治療を受けることをお勧めします。シミに当てると、その光がメラニン色素が存在する部分だけに照射され、シミのあるところに意図的に軽い火傷を負わせます。

 

すると、軽く火傷を負ったシミの部分が黒いかさぶたのようになり、7日〜10日間程度をかけて自然にかさぶたが落ちるのを待ちます。剥がれ落ちたかさぶたの下には、生まれ変わった新しい皮膚ができているので、シミのあった肌から、シミのない肌へと生まれ変わることができるのです。

 

レーザー治療を受けた後の肌は、とても紫外線に敏感になっています。せっかくレーザー治療でシミを取ったとしても、敏感になっているときに紫外線を浴びると、今までよりもさらに濃いシミが出来やすくなってしまいます。

 

その為、医療機関によってはその後の過ごし方に指導の違いがあるかもしれませんが、多くの場合は、レーザーを当てた部分に紫外線が当たらないように、絆創膏などを貼って過ごします。普段以上に患部に紫外線が当たらないように注意が必要です。

 

レーザー治療の値段が高額のイメージで気になると思いますが、老人性色素斑の大きさや濃さによって照射回数や通院日数が変わりますが、1p程度のシミ1個で、1度の照射につき3000〜10000円がかかります。まだ浅い場所にあるような若いシミなら1度のレーザー治療で終わることもありますが、シミが深い場所にある場合などは複数回の治療が必要となります。

 

また、たまに一度はシミがキレイになくなったにも関わらず、再発したかのようにシミがあった場所に、前よりも濃いシミが現れることがあります。これは、レーザーを当てたことでその部分が軽く炎症を起こし、その結果、炎症性色素沈着としてシミ状に跡が残ることで起こります。

 

この場合は、医療機関でシミ消し用の外用薬・内服薬が投与され、それを続けることで副作用として現れたシミを消すことになります。

 

 

美白化粧品でシミを薄くするならハイドロキノン含有タイプを

 

老人性色素斑を簡単にササっと消したい場合は、医療機関で受けるレーザー治療はとても有効です。しかし、副作用や費用面、通院することなどを考えると、レーザー治療は最後の砦として取っておいて、その前に自分で出来るケアをしたいと思うのであれば、肌を白くさせる成分ハイドロキノンを含んだ美白化粧品がおすすめです。

 

ハイドロキノンは様々な美白有効成分の中で最も強い成分になります。その為、昔は医療機関でしか手に入らないものでしたが、薬事法の改正により、濃度2%までなら市販品に含めても良いこととなり、病院に通わなくてもハイドロキノン含有タイプの美白剤を手にすることが可能になりました。

 

ハイドロキノンの成分を含んだコスメは色々出ているのですが、その中でも更に肌に安心して使う為に、選ぶときのポイントにして欲しいことがあります。

 

それが、安定化したハイドロキノンを使っている商品です。ハイドロキノンはとても変質しやすい成分です。空気に触れると酸化しやすく、保管も短時間で難しい。勿体ないからと色が変質したハイドロキノンのコスメを使うと、肌への刺激が強くなりピリピリと痛みを感じたり、酷く赤くなったりすることもあります。

 

シミに対する有効性はとても高いということは、それだけ肌への刺激も強い成分ということなので、より安全に、より安心して使い続けられるよう、酸化しないような技術を施したハイドロキノン商品を選ぶようにしましょう。