シミ肌改善ナビ

メラニンを制すればシミを制す!最低限必要なシミ対策はコレ!

「シミ」と一言で言っても色々なタイプのシミがあります。シミの中で一番多い老人性色素斑。炎症が原因で出来る炎症性色素沈着。遺伝的要素の強いそばかす。そばかすに見た目が似ている肝斑。どのタイプもシミが出来る直接的原因や、出来てしまったシミに対する対処法も場合によっては異なりますが、シミが出来ない様する対策は同じです。そのカギを握るのが「メラニン色素」です。どのタイプのシミもメラニン色素が関係しており、メラニン色素を作らせないような対策を取ることが、シミ予防対策に繋がります。

 

 

シミ対策にはなぜメラニン色素が邪魔なの?

 

 

シミを作らせない様にするにはメラニン色素が出来ないようにすることがポイント。では、なぜメラニン色素がシミの大敵となってしまうのでしょうか?

 

 

メラニン色素とは、紫外線から肌を守る為に作られる物質ですが、それが作られ過ぎてしまうと肌に沈着してシミとなります。もう少し具体的にシミが出来るメカニズムを見ていきましょう。

 

 

紫外線によってシミが出来るメカニズム

 

 

@紫外線が肌に当たると、表皮細胞から「エンドセリン」という情報伝達物質が分泌される。

 

?エンドセリンが表皮の奥にあるメラニン生成工場「メラノサイト」に到達する。

 

Bメラノサイトの中にある酸化酵素のチロシナーゼが、アミノ酸のチロシンをメラニン色素へと変身させる。

 

Cメラノサイトで生成されたメラニン色素が表皮細胞へと受け渡される。

 

Dターンオーバーと共にメラニン色素は角層へと上がっていく。

 

E様々な理由でメラニン色素が表皮外へ排出されず蓄積してシミとなる。

 

 

このような過程を経てシミが出来てしまうため、いかにメラニン色素を大量に作らせないかがシミ対策の最大のポイントになるのです。

 

 

メラニン色素が出来るのは紫外線だけではない

 

 

シミの原因となるメラニン色素ですが、メラニン色素が増えるのは紫外線だけではありません。

 

 

擦り傷や火傷など肌の炎症
顔をこすり過ぎの摩擦
肌に合わない化粧品の刺激
ストレス
女性ホルモンバンランスの乱れ

 

 

炎症・摩擦・刺激・ストレスが加わると体の中で活性酸素が大量に発生し、それがメラノサイトを刺激します。また、女性ホルモンのバランスが乱れると、メラノサイトを刺激する物質の分泌量が増えます。あとは紫外線でメラニン色素が作り出されるメカニズムと工程は同じで、大量のメラニン色素が生み出されることになります。

 

 

このようにメラニン色素というものは様々な理由で増えてしまうので、シミを作らせたいためには、いかにメラノサイトを活性化させる刺激を肌に与えないかが大切です。

 

 

メラノサイトを活性化させない方法

 

 

シミを作らせないための対策として先ず大切なのが、メラニン色素を作る指令を出すメラノサイトを活性化させないことです。その為にはメラノサイトを活性化させる刺激を遮断する対策を取りましょう。

 

 

紫外線の害から肌を守る

 

 

メラニン色素が大量に作られる一番の理由は何といっても紫外線です。肌に影響を及ぼす紫外線には、紫外線A波とB波の2種類があります。

 

 

【紫外線A波】
 ・曇り空でも多く降り注ぐ
 ・家や電車などの窓ガラスを通過する
 ・表皮の奥にある真皮にまで影響が及ぶ
 ・真皮にあるコラーゲンを劣化させる
 ・エネルギー力は弱いが、じわじわと皮膚細胞に影響を与える

 

 

【紫外線B波】
 ・晴れの日に多く降り注ぐ
 ・曇り空や窓である程度遮断される
 ・皮膚への影響は真皮まで及ばず表皮まで
 ・エネルギー力がとても強く、多く浴びると真っ赤に焼ける

 

 

どちらの紫外線も皮膚細胞の遺伝子を攻撃してガン細胞化する光老化を引き起こします。シミ予防の為だけでなく、細胞をガン化させないためにも、日焼け止めを塗ってしっかり紫外線対策を取りましょう。

 

 

炎症を早期に鎮める

 

 

虫刺されや擦り傷などの痕がいつまでも茶色く残ることがあります。しかし、ほとんどの場合は気付けば数か月の間で自然と消えてなくなることが多いです。これは、皮膚に炎症が起こり、そこで活性酸素が大量に発生してメラニン色素が大量に作られ、それが一時的に表皮にとどまってシミになって現れたためです。自然に消えていくのは、肌の持つ新陳代謝の力によって、新しい皮膚に生まれ変わるターンオーバーのおかげ。

 

 

しかし、強く掻き毟ったり、治りかけの傷を触っては傷を作りの繰り返しが行われると、いつまでも炎症が皮膚の下でくすぶり続け、いつまでもメラニン色素が作り出されることになります。こうなると、シミがいつまでも消えずに傷痕として残ったりする原因になるので、炎症がある場合は早期にその炎症を鎮めることが重要になります。

 

 

かゆみ止めや傷薬、抗菌剤入り軟膏などを炎症の小さいうちに使いって炎症を鎮めるようにしましょう。

 

 

顔を無暗にこすらないようにする

 

 

洗顔やフェイシャルマッサージの時に、つい強く顔をクルクルと触りがちです。顔の皮膚は腕や脚の皮膚と比べてとても薄くデリケートです。指の腹で、触れているか触れていないかぐらいの力で優しく触るのが正しいやり方。メイクを落とすのに入念に顔をこすり過ぎたり、入念にマッサージしようとして長時間顔をこすり過ぎると、皮膚と指の間で摩擦が生じ、その繰り返しで摩擦による炎症が起こってしまいます。

 

 

顔に炎症が起こると、上記の虫刺され痕で説明したことと同じことが起こります。

 

 

虫刺されはその場所が茶色くなりますが、顔を全体的に強くこすっていると、顔全体でメラニン色素が増えていき、顔が全体的に茶色くくすんだようになってしまいます。

 

 

洗顔やマッサージだけでなく、メイクするときも同様です。BBクリームを指で何度もこするように往復して塗ったり、パフをこすりつけるようにファンデーションを塗るなど、顔の上で摩擦が生じないようにしましょう。

 

 

肌に合わない化粧品は使わない

 

 

自分にはコレっていう化粧品が決まっている人はいいのですが、特に決めてない場合、なくなっては次を試す人も多いと思います。その時に、もし肌に合わずピリピリするな〜という化粧品に当たった場合は、使い続けるのを止めましょう。

 

 

買ったばかりだし、使い続けてるうちに肌も慣れてくるかも〜なんて使い続けていると、肌に合わないという刺激が活性酸素を大量に呼び込み、メラニン色素が大量に作られる結果になります。

 

 

また、肌に合わないということは肌状態も悪くなっていく一方なので、メラニン色素を体外に排出させるターンオーバーの機能も正常に行われなくなります。メラニン色素は大量に作られ続けるのに、外に排出されることもない。これはシミを作り出してしまう最悪の悪循環です。

 

 

安い化粧品の場合は買ったばかりでも中断しやすいですが、高い化粧品の場合は中断する勇気がなかなか持てません。高い化粧品の場合は、トライアル商品を用意しているブランドも多いので、敏感肌の人の場合は特にトライアルでまずは1週間程度試してみてから、本品を使うという進め方が良いでしょう。

 

 

ストレスを溜め込まないようにする

 

 

人は様々な理由でストレスを抱えます。ストレスを感じると活性酸素が大量に発生し、発生した場所の細胞がどんどん酸化させられて劣化していきます。ストレスで内臓を悪くするのもこういう理由からです。

 

 

ストレスを感じると交感神経・副交感神経の自律神経バランスが乱れ、睡眠障害が起きたりもします。キレイな新しい皮膚の生成には、良質な睡眠が必要不可欠です。私達の体は寝ている間に新しい細胞がどんどん作られるようになっています。睡眠不足が続くと細胞生成が滞り、肌荒れを起こしたり吹き出物が出来やすくなったりするのもこのためです。

 

 

ストレスで活性酸素が発生し、メラノサイトを刺激してしまう。ストレスで睡眠不足になり、出来たメラニン色素を外に送り出す力が衰えてしまう。

 

 

ストレス溜まって来たなぁ〜という場合は、好きな音楽をゆっくり聞いてみる・気分転換に軽めの運動をしてみる・友達とおいしい物を食べに行ってたくさんお喋りをする・アロマを入れたぬるめのお湯でゆったりと入浴するなど、自分の一番好きな方法でリラックスタイムを取るといいですね。